野菜づくり ~WORK~
野菜づくり

石坂ファームのオーガニック
野菜ができるまで

石坂ファームでは、専門研究機関と
連携しながら野菜の命を育む
「良い土」を自らつくり、
種から苗を育て、露地栽培での
野菜づくりを実践しています。

Ishizaka Farm cooperates with a specialized research institute to create its own “good soil” to nurture life of vegetables and grows vegetables from seeds in the open fields.

日本農業遺産に認定された落ち葉堆肥農法

石坂ファームがある三富新田で、人々の努力と工夫で受け継がれてきた落ち葉堆肥農法は、未来に継承していくべき農法として、日本農業遺産にも認定されています。森の木々の落ち葉を堆肥として畑に入れることで土壌を改良し、その良い土で野菜を育てていく農法です。この地の農家の人々は落ち葉堆肥農法を受け継ぎ、現在も野菜の栽培をしています。

日本農業遺産に認定された落ち葉堆肥農法

有機栽培に不可欠な豊かな土を循環させる

石坂ファームの落ち葉堆肥農法には、良い土を循環させるという大きなメリットがあります。落ち葉には適度な固さがあるので、土の中の空間保持がしやすく、微生物が育ちやすい状態を生みます。いろいろな微生物がバランスよく、たくさん存在することが良い土の条件です。生きた土を循環させるにはとても適した農法といえます。

有機栽培に不可欠な豊かな土を循環させる

種から苗を育て露地栽培にこだわる

石坂ファームが、種から苗を育て露地での土耕栽培にもこだわる理由は、農薬を使わない、ということに起因しています。一般的に市販の種や苗は、販売されるまでにすでに10回程度、農薬を使用して栽培されています。つまり、農薬や化学肥料を一切使わないことを徹底するには、自らの手で種から苗を育てなければ実現できないと考えています。

種から苗を育て露地栽培にこだわる

LINE UP 収穫カレンダー

VALUE 大切にしていること

Page Top