収穫カレンダー ~LINE UP~
収穫カレンダー

オーガニック固有種野菜の
収穫時期

石坂ファームの主な固有種野菜

春 Spring

ジャガイモ

男爵

5~6月

ジャガイモ

皮も中身も白に近い黄色。粉質でほくほくしていて、ポテトサラダや粉ふき芋に向いています。

ウド

白うど

3~4月

ウド

地下の室(むろ)で育てられているので真っ白。アクがなく、サラダでも食べることができます。

スナップ
エンドウ

4~6月

スナップエンドウ

肉厚のさやと、丸々とした豆の両方を味わえる人気品種です。

シイタケ

秋山
A-526

3~5月
10月

シイタケ

豊かな森の恵み。菌床栽培のシイタケと比べて、香りもよく肉厚でおいしい。

夏 Summer

パクチー

5~7月
9~11月

パクチー

コリアンダーやシャンツアイ(香菜)の別名を持ち、独特な香りが人気のハーブ。

トマト

世界一

7~8月

トマト

東京周辺で戦前から戦後にかけて最も作られていた、桃色中大果の生食用トマト。

キュウリ

奥武蔵地這

7~8月

キュウリ

戦争中に満州で開発された夏系キュウリ。戦後引き揚げてきた技術者からの原種が、埼玉県日高で守られてきました。

ブルーベリー

7~8月

ブルーベリー

甘味と酸味がちょうど良く、日本でポピュラーな品種。栄養豊富で機能性も評価されています。

秋 Autumn

サツマイモ

紅はるか

10~11月

サツマイモ

皮は紅で、中は白色。やや粉質で食感なめらか。糖度も高く、焼き芋としても人気の品種です。

サトイモ

土垂

11~12月

サトイモ

楕円形でホクホクした、武蔵野の地で長く栽培されている品種。

カボチャ

バターナッツ

8~12月

カボチャ

ひょうたん型で白い果皮が特徴。ねっとりとした粘質系で甘味が強いので、ポタージュなどにおすすめです。

コンニャク芋

11~3月

コンニャク芋

農薬を使わずに育てるコンニャクは、とても珍しい。生で食べられる手づくり刺身こんにゃくは、冬の人気定番商品。

冬 Winter

水菜

赤水菜

1~5月
9~12月

水菜

シャキシャキとした食感が魅力。ポリフェノールを含んだ赤水菜は、さっと湯がくと色が抜けません。

ニンジン

筑摩野五寸

6~7月
11~2月

ニンジン

肉質はやわらかく、筋っぽさが少ないため、加熱するとトロっとした食感になる。冬になって寒さが厳しくなると、ぐっと甘みが増します。

大根

吸込二年子大根

11~2月

大根

関東地方の野生の大根が栽培化され、江戸時代には、年をまたいで遅い春にも収穫できるようになった。水分少なく辛味が強いので、辛い大根おろし用として根強い人気があります。

ネギ

石倉根深一本葱

11~2月

ネギ

群馬県前橋市石倉で固定化されたネギで、白い部分を食べる。香り成分の硫化アリルは、交感神経を刺激して体温を上げる効果があると言われています。

MARCHE 商品

VOICE お客様の声

Page Top